CONCEPT

ピストバイク専門店
マスターピスト

マスターピストのガラス張り店頭

固定ギヤには、他の自転車には得られない楽しさがある。マスターピストではピストバイクの乗り方からカスタムまで、自転車の新しい世界を楽しむきっかけ作りの場です。

720FIX ナニワフィックス

全てはピスト乗りの楽しさを広めるために

大阪の市街地は坂が少なく、ピストバイクが乗りやすい地形だ。ピストバイクは乗れば乗るほど楽しく深みが増す世界。大阪の街をピストで楽しむムーブメントが720(ナニワ)FIXだ。 自分の体だけでなく移動圏内の地形やライフスタイルも合うピストの乗り方も伝授します 。
さぁみんなで大阪の街を駆け抜けよう!

固定ギアと仲間たち

ピストバイクの魅力

固定ギヤで走る二人

スピードと脚力をギヤ比のバランス

変速機がない分漕ぐ力がダイレクトに伝わり、坂道も思いのほか登れてしまうのがピスト。コグを変えてギヤ比を調整すれば、自分の移動圏内の路面に合わせトップスピードを選ぶか坂を取るか、脚力と勝負しながらアレンジできる。

ギヤ比のカスタム

安価に自分のオリジナリティを出せる

「自転車が自分の足になる」ためには自分の脚力にあったチェーンリングやコグを選ぶ必要がある。また体に合わせてサドルやハンドルをアレンジするのも楽しみのひとつだ。ピストバイクは構造がシンプルでパーツ点数も少なく、分解や組み立ても楽だ。だからお金をかけなくても自分にピッタリの新しい足にカスタムすることができる。

ブルックリンマシーンワークスのフレームたち

トリックで意のままに支配できる楽しさ

交差点での信号待ちでスタンディング(自転車に乗ったままバランス静止する)、バックを踏んで減速する、スキッド(路面を滑るように急減速させる)をマスターすると、移動が新しい次元の楽しさに変化する。

スタンディング

サービス一覧をみる


退化こそ進化である

Retrogression is the only progression

青い空とピストバイク

なぜ今ピストバイクなのか?

固定ギヤは「移動」の原点

短距離移動を目的に200年も前に生まれた自転車、その今の原始的な自転車は後輪にギヤが固定されたものであった。 変速機や電動アシストなんて到底考えも及ばなかった時代、この最もプリミティブで未発達な「乗り物」は、無駄がなく、純粋で必要最低限の機能を備えた自転車だったのだ。

英国の古い自転車BSA
old-bicycle

本能を刺激する 固定ギヤ

00年も前に生まれた原型となる自転車から、基本原理はそのまま現代に残ったピストバイク。固定ギヤとは一枚の歯形のコグがホイールに固定されている仕組みだ。自転車が走り続ける、つまりホイールが回り続ける限りペダルも回るため脚を休めることができない。だから、ぶっちゃけ楽ではありません。だからこそ面白い。

ピストバイクのトリック ロングスキッド

200年も前に生まれた原型となる自転車から、基本原理はそのまま現代に残ったピストバイク。固定ギヤとは一枚の歯形のコグがホイールに固定されている仕組みだ。自転車が走り続ける、つまりホイールが回り続ける限りペダルも回るため脚を休めることができない。だから、ぶっちゃけ楽ではありません。だからこそ面白い。

道具の退化によって人は進化できる

自転車とともに成長できるのがピストバイク

固定ギヤの最大の魅力は自転車が自分の体の一部になるということ。車輪が自分の足の延長のように路面の状況をとらえる感覚が持てる。後輪がペダルを回してくれるアシストとなり、漕ぐ力がロスなくダイレクトにスピードにつながる。自転車を自分の体として支配できるようになると、その面白さはさらに飛躍し、乗り手の自転車スキルが求められるようになる。

加速・減速、路面コンディションを自分の本能で判断する。脚を前後2つのブレーキに次ぐ第3のブレーキとして活用する。何でも便利になった世の中に、今の私たちに失われつつある動物的本能を呼び覚ましてくれるのがピストバイクなのだ。


Owner profile

オーナー 中瀬純一

中瀬純一
Jyunichi Nakase

兵庫県出身。東海大学 陸上競技部卒。スタイリングオフィスShadow設立。スタイリストとしてスチール広告を中心に、スタイリングやコーディネートの経歴を持つ。
東京原宿にピストバイク専門店を立ち上げたのち、 2014年大阪に拠点を移しピストバイク専門店Masterpistaを開業。

人生を変えたピストとの出会い

ロードバイクに乗ってレースに出場していた頃、たまたま譲り受けたピストバイクでレースに出たことで過去出せなかった成績を出せたことがきっかけでピスト乗りに転向。フリーのバイクに戻れないと感じるほどトリックの魅力に憑りつかれる。FUJIのプレスを始動。東京原宿のピストバイク専門店ブローチャーズ立ち上げの後、大阪 梅田にマスターピスト設立。
2019年開催の大阪発ピストバイクレース、アーバンバイクロアレース スフィダーレクリットの仕掛け役でもある。

ピストバイクの楽しさを広げたい

30数年スタイリストとしてインダストリアルデザインに精通してきた経験から、柔軟な造形要素が魅力のピストバイクのカスタムに他ジャンルのアイデンティティーを融合させることができる。自転車のビジュアルだけでなく、安全に楽しく乗るためのコツやアレンジ方法も提案する。

受賞歴

2009年 ピストバイク世界選手権SMWC東京 バックサークル部門8位

2011年 ピストバイク長野大会 JMA トリック部門3位

スポーツ奨励賞(県知事)、読売広告賞、朝日広告賞、通産大臣賞 金賞2回、銀賞1回 他

出演TV

テレビ東京「テレビチャンピオン」2連覇 他

出演雑誌

LOOP Magazine、PEDAL SPEED、BiCYCLE CLUB、MEMO、Lightning 他

スタイリストとしての中瀬純一