ピストじじいナカセのピストバイク入門チャンネル

ピストのメンテナンス・カスタム・トリックの仕方など配信中

Watch YouTube

『これで理解できる!』ギア比とスキッドポイント徹底解説

ピストじじいのピストバイク入門
この記事は約4分で読めます。

ピストバイクに快適に乗るなら、自分の身体や乗り方にあったギア比選びが必須だ!「ギア比って何?」という超基本的な質問から「乗り方に合わせたおすすめギア比」まで初心者でも分かりやすいように解説するぞ!

ギア比・スキッドポイント早見表ダウンロード

スキッドポイントもタイヤの持ちを考慮して選びたいポイントだ。ギア比とスキッドポイントが一緒になった分かりやすい早見表を作成しました。以下のリンクにアクセスしてダウンロードしておくと便利だぞ!

もくじ

  1. ギア比とは
  2. リアとフロント両方変える必要はある?
  3. コグの価格の違い
  4. スキッドポイントとは
  5. ギア比をどう選ぶべきかー用途別ギア比のおすすめ
  6. ロックリングの大切さ

ギア比とは

簡単に言えば、自転車のスピードを表す数字です。
自転車はフロントのチェーンリングとリアのコグの回転によって動きます。このチェーンリングとコグの歯数の組み合わせによって自転車のスピードが変わります。

ギア比とはフロントの歯数をリアの歯数で割った数を表します。 数が大きいほど 自転車は早く走れるがペダルが重くなります。

反対に小さいほどスピードは遅くなりますが、踏み出しが軽くなります。

つまり少ない力でペダルを操作できるのでトリックに向いています。

ピストバイクではリアとフロント両方変える必要はある?

ピストを買ってある程度慣れたら、自分の乗り方に合わせてリアのギア比を変えてみるのがよいでしょう。

その理由は、リアの歯の1個分はおおよそフロントの歯4個分に相当するので、コストパフォーマンス的にも比較的安価にギア比を変更できるからです。

さらに、歯数によってチェーンリングもコグも種類が多く入手しやすい歯数があります。
一般的にはチェーンリングは46~51丁、コグは15~19丁が選択肢が多いです。

ちなみに歯数のことを丁(ちょう)と言ったり、T(ティー)と書いたりするぞ!

ピストバイク用コグの価格の違い

加工と表面処理で価格に差が出ます。高価なものはチェーン離れを良くするための面取りやコーティングがされており、2万円以上するものもあります。

高価なコグを選ぶことよりも、チェーンラインが出ているか、コグが正しく取り付けられているかの方が重要で、2、3千円のコグでも自転車のメンテナンスをちゃんとすれば十分だと思います。

スキッドポイントとは

スキッドをする、つまり脚の回転を止めたときにタイヤが地面に擦れる箇所を意味し、タイヤの寿命につながります。

極端な例を言えば、スキッドポイントが1の時、スキッドをするたびに1箇所だけ削れていきます。

反対にスキッドポイントが20の時は、20箇所でタイヤが削れていくので、よりタイヤがまんべんなく減ることになります。つまりタイヤの持ちが理論上20倍にも上がるのです。

スキッドをするならスキッドポイントが多いギア比を選ぶことでタイヤが長持ちします。

ギア比をどう選ぶべきか ピストバイク用途別ギア比のおすすめ

下の表はスキッドポイントが10以上の所に色を付けています。

スキッドや難易度の高いトリックをばんばんしたいと考えるなら、この表のブルーのギア比、2.5以下がおすすめです。

反対に街乗りでスピードを重視したいなら、赤い色のギア比3以上がおすすめです。

例えばチェーンリングの歯数が46Tであれば、15Tのコグがスピード向け、19 T や20Tがトリック向けとなります。また標準的なギア比としては17Tがスキッドポイントが高いのでおすすめです。

反対に街乗りでスピードを重視したいなら、赤い色のギア比3以上がおすすめです。

ピストバイクのロックリングの大切さ

もう一つ重要なのは、コグを留める役割のロックリングです。ロックリングはネジ山の精度が求められ、バックを踏んだ時にコグがゆるまないように固定しています。

シマノやスギノのロックリングがネジ山の制度も高く、安価なのでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました